2chまとめ
←←←←←←←←←←←←
QRコードで簡単アクセス!
←←←←←←←←←←←←
当サイトは携帯電話からも見れます!
QRコードからどうぞ!

★待ちきれねえ、今すぐ入れてやるぜ!

416 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/14(土) 23:53:35.16 ID:LAKhe7J50

「や…やめてください…」

「へへへ……ラップはもうビリビリだぜ、あとはフタだけだ」

「いやぁ!だめ、フタを開けないで…!」

「ひゃっはあ!なんて嫌らしいノンフライ麺だ!

おいおい、スープの素が2袋もあるぜぇ、こいつ誘ってんじゃねえのか?」

「そ、そんなんじゃありません…!」

「『食べる直前に入れてください』だぁ?待ちきれねえ、今すぐ入れてやるぜ!」

「や、やめてー!ま、まだお湯も沸ききってないのに…!」

「うはぁ、すっげえ、冷えてる油とかやくでグチャグチャだぜ…たまんねえ!

そーれ、お次はお湯だ!中にたっぷり入れてやる!」

「あああ!ぬ、ぬるい…!……て、れてえ!」

「聞こえねえなあ、はっきりいえよオラッ!」

「せ、線まで!きちんと線まで入れてくださいぃいぃ!!」

「残念だったなあ、俺は1センチ残す派なんだよぉ!ははは!」



ガタッ



姉「!!!」

姉「……見てた?」



俺「いや…」



姉ちゃんカップラーメンとしゃべってました。

現在家ではネコ派の兄と私、イヌ派の姉が抗争中

13 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2009/11/24(火) 17:42:20 ID:POjObat6

一番上の姉が就職して家をでていくのを切欠に、両親が新しくペットを飼う宣言

現在家ではネコ派の兄と私、イヌ派の姉(次女)が抗争中



この前、その姉ちゃんがなにかコソコソやってると思ったら

家族全員のケータイのストラップにイヌのぬいぐるみ(画面拭くヤツ)をせっせと付け加えてた



他にも共有パソコンの壁紙がこっそり子犬に変えられてたり、早起きして作ってくれたお弁当がイヌのキャラ弁だったり

姉ちゃんの行動がいちいち可愛くて敵ながら萌えた



当初は猫派の父だったが懐柔されつつある

姉「混浴だー!」

251 :Mr.名無しさん:2010/01/19(火) 01:04:33

今日久々に実家に電話かけた



母「俺君から電話かかってきたよ~」

姉「ぅおおおおおお!(受話器から離れてるとこから叫んでる)」

母「春先には帰って来れるん?」

姉「おねえちゃんだよぉおお!(受話器から離れてるとこから叫んでる)」

母「こっちは旅行の予定立てとんよ」

姉「親孝行ぉ♪親孝行ぉ♪(受話器から離れてるとこから歌ってる)」

母「そうなんよ、おねえちゃんが連れてってくれるんよ~」

姉「帰って~来いよ~♪(受話器から離れてるとこからry)」

母「それで俺君も」

姉「さびしいぞ!くぁwせdrふじこ!(受話器から離れてry)」

母「来れるんやったら一緒に」

姉「混浴だー!家族風呂だー!(ry)」

母「もうおねえちゃんに替わるね」

姉「いいよ、しゃべることないー!(ry」



姉「・・・もしもし、顔見せろ、以上」



母「ごめんね、おねえちゃん照れ屋だから~」

姉「ツンデレおねえだよぉお!(受話器から離れてるとこから叫んでる)」

最近家の姉が色づいてきました

7 名前:名前なカッター(ノ∀`)[sage] 投稿日:2005/06/24(金) 21:54:58 ID:7XBZnpSA

「教科書読め」



「はい…最近家の姉が色づいてきました」



「!? …その字は姉じゃない柿だ」

自室でゲームやってたら背後から姉が

682 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/29(日) 18:21:50.69 ID:JuQDUx340

自室でゲームやってたら背後から姉が

「そろそろゲームなんて卒業しなよ。」

と声を掛けてきた

その言葉にムッとして

「おめーこそ少女マンガ卒業しろよ。」

と言い返した

そこから卒業しろ合戦の幕開け

姉が「アニメ」「ギター」「バイク」を上げ連ねれば

俺は「韓流ドラマ」「ぬいぐるみ」「同人描き」と言い返す

そのまま不毛な応酬を続けること数十分

ついに姉はジョーカーを切った

「童貞卒業しろ!で・き・る・も・ん・な・ら~♪」

かなりグサッときた



正直、涙目になったが負けずに言い返す

「処女卒業してみろやぁー!その腐れマンコに突っ込む物好きもいねーだろーけどな!!」

だが、姉は余裕の表情を崩さず

「とぉ~っくの昔に卒業しましたぁ~♪」

その瞬間、隣の部屋から

「どぉいうことだぁぁぁぁぁぁぁ!!!」

と親父の怒声が響いた



その後が修羅場だったことは言うまでもない

手始めに全裸で姉の部屋に飛び込む

716 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2010/06/17(木) 20:29:51 ID:xdCICXx+

俺は人類最強の男というコピーに引かれ

人類最強になるためにはどうすればよいのか考えた

人類最強なのだからどんなこともできる

手始めに全裸で姉の部屋にウンガロ、ウンガロとつぶやきながら飛び込む

タンスをこじ開けブラジャーを腰に巻きパンティーを頭にかぶる

姉が呆然としながら見ているが人類最強なので気にしない

姉のベッドに潜りこみ「幸せだから!幸せだから!」と絶叫

姉は無言で部屋から立ち去る

だがまだ最強には不十分

次は妹の部屋にムッシュムッシュと叫びながら飛び込む

妹は着がえをしている最中だったが人類最強なので無視

半裸で逆立ちをしながら

「俺に充電しろ!!俺に充電しろ!!」と絶叫

妹は大泣きで退散

確実に人類最強に近づく

開脚後転でトイレに飛び込み便座を外し首に掛ける

ゾンビの真似をしながら母の部屋に突撃

タンスを開けると一枚の写真発見

死んだ親父が俺を抱いている

俺は泣いた


お姉ちゃんとファストフード店のドライブスルー

944 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2010/08/17(火) 16:09:44 ID:vLVeISQk

お姉ちゃんとファストフード店のドライブスルー。



弟「お姉ちゃん何がいい?」

姉「うんとねー、ポテトの小さいやつ」

弟「ポテトのSね」

姉「小さいのがSなんだね」

弟「うん」

姉「お姉ちゃんね、SとかMとか、サイズのアルファベットが苦手なの」

弟「へー、そうなんだ」

姉「……Sは、スモールのS?」

弟「そうだよ。じゃぁMは?」

姉「……ミニ?」

弟「えっ……」

姉「ち、ちがった?……えっと、Mは……マイクロ?」

弟「違うけど、じゃぁLは?」

姉「リトル……」

弟「ホントに苦手なんだね」


うちの姉ちゃんがスーパーでバイトしてた時の話

356 : ダイバー(千葉県):2010/07/31(土) 13:53:12.67 ID:cO9RpuMm ?2BP(100)

1 :Ψ:2006/04/22(土) 01:12:27.75 ID:SW5AZu1i0

うちの姉ちゃんがスーパーでバイトしてた時の話

果物つんでる姉ちゃんにカコイイ兄ちゃんが近寄ってきて

ささやくように「ねえ、次の休みいつ?」

姉ちゃんしどろもどろになりながら



「バッバイトしてんのは土日だけですっ」



すると兄ちゃん3秒ほど考え込んだ後

口調を正して申し訳なさそうに



「すいません、お店の定休日を聞いてるんですが」



357 : 教員(石川県):2010/07/31(土) 13:55:22.78 ID:QGqK7Qtg

>>356

お、なんか使えそうだな。

近所のコンビニねぇちゃんに試してきてみる



359 : アニメーター(東京都):2010/07/31(土) 13:56:16.53 ID:6nL0zCGK

>>357

コンビニは年中無休だろ



関連 - 姉貴を見てみるとなんかはだけて下乳とか見えてんの

■姉「ねぇ!すっげぇ発見したんだけど!!」ドアバターン

448 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 投稿日:2011/03/10(木) 00:21:35.28
自室でちょっとDVDを鑑賞しようと準備してたんだけど

姉「ねぇ!すっげぇ発見したんだけど!!」ドアバターン
俺「うあぁっ、なんだよ急にノックしろよ!!」
姉「いいから聞いて!ねぇ、すっごい発見!聞ーいーてー!」
俺「分かったよ。聞くって、聞くから……落ち着いてください」
姉「あっ、うん……」
俺「……落ち着いた?」
姉「うん……あれ?」
俺「え、何?」
姉「どうしよう……忘れちゃったよ、大発見」
俺「えぇぇぇ……じゃあもう部屋戻れよ」
姉「なんでよ!すっごい発見だったんだよ!?
  ちょっと思い出すのに協力しろやァ!」

それで、とりあえず今まで部屋で何をしてたかを順に整理させていって

姉「思い出した!鼻毛抜くとさ、抜いた毛の生えてた穴と同じ方の目から涙が出るんだよ」

■久しぶりに姉ちゃんに会うため駅で待ち合わせ

250 :Mr.名無しさん:2011/05/04(水) 06:14:46.61
久しぶりに姉ちゃんに会うため駅で待ち合わせ
以下電話

俺「ちょっと分かんないからアクション起こして」
姉「血を分けた姉弟なのに分かんないの!?」
俺「ちょっと綺麗な人が多すぎて……」
姉「ああそういうコト 了解了解」
姉「今から手あげるわ」
姉「3…2…1、ハイッ!」
姉「うわっタクシー停まった!いらないです!」
姉「ごめんなさい!」

俺はパニックになりつつタクシーのドアを閉める姉を発見
無事に合流できた